リハビリテーション科

リハビリテーション科

診療内容・特色

リハビリテーション科では、四肢体幹の運動障害とそれに関係の深い障害をもつ方の全身状態を診察し、障害の原因やその種類、程度を診断します。訓練が必要かどうか、訓練が可能かどうかを判断して、理学療法や作業療法など訓練、治療を開始しています。
一般外来での主な対象は、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)、脊髄損傷、リウマチ、脳性麻痺、神経筋疾患、切断、呼吸器・循環器疾患などがあります。病気の発症まもない急性期からベッドサイドでの積極的訓練、開腹や開胸手術の前後の全身状態の改善、さらに慢性疾患に伴う寝たきり予防のリハビリテーション訓練も行っています。
専門外来は、顔面神経マヒ外来、電気診断学外来と義肢装具車いすシーティング外来、フェノールブロック外来、在宅リハ外来などがあります。リハビリテーション科専門医を中心に、毎日交代で診療にあたっています。
一般外来、専門外来ともに原則予約制になっています。初診の場合紹介状が原則必要です。

外来診療担当表


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
緒方 直史科長
教授
リハビリテーション医学
(脳卒中、脊髄損傷、義肢装具、運動器障害一般)
山本 昌義助教リハビリテーション医学
(脳卒中、脊髄損傷、義肢装具)
本田 祐士助手
栢森 良二客員教授リハビリテーション医学
(脳卒中、顔面神経麻痺、末梢神経障害)
伊佐地 隆非常勤講師リハビリテーション医学
(脳卒中、脊髄損傷、義肢装具シーティング、障害者スポーツ、地域リハビリテーション)

専門外来

いずれも外来予約が必要です。

義肢装具・車いすシーティング外来

脳卒中や脊髄損傷後の訓練や生活に必要な装具や車いす、下肢切断後の義足や上肢切断後の義手などの作製を行っています。また脳性麻痺などの小児の成長に合わせた装具・靴や車いす・座位保持いすの相談も受けます。 作製だけでなく、使用に必要な訓練も必要に応じて行います。


顔面神経マヒ外来

顔面神経マヒ電気診断学後に、どのようなリハビリテーション・アプローチが必要か評価して、個別なリハビリテーション指導を行います。
従来の百面相による随意運動や低周波神経筋刺激を行うと、むしろ「ヒョットコの顔」の原因になります。
顔面神経マヒで悩んでいる方はぜひとも一度「顔面神経マヒ外来」の受診をお勧めします。


電気診断学外来

顔面神経マヒの診断ベル診断、ハント症候群、外傷性などあらゆる種類の顔面神経マヒに対して、顔面筋反射や筋電図などを用いて機能診断を行います。
末梢神経マヒの診断手根管症候群、肘部尺骨神経麻痺、下垂手、下垂足などがあります。
手根管症候群では、中年の女性に最も頻度が多く、朝の手のこわばりが特徴的で、慢性関節リウマチと誤診することがあります。
しびれている手の原因が手根管症候群によるものか、それとも異なった原因があるのか、神経伝導検査や筋電図で診断・評価をします。


ボツリヌス治療外来

「片側顔面痙攣、眼瞼痙攣、痙性斜頸、2歳以上の脳性麻痺や脳卒中片麻痺、頸髄胸腰髄損傷における上肢下肢痙縮に伴う尖足やはさみ足などに対する治療」を行っています。
なお、ボツリヌス治療は初回の診察で適応・投与部位などについて検討させていただき、実際にボツリヌス治療を行うのは2回目以降の診察時になります。


フェノールブロック外来

脳卒中や脊髄損傷後の痙縮により歩行や日常生活の諸動作に困難を感じたり、介護に苦労したりする場合、フェノールを使った神経ブロックで痙縮を緩和すると楽になることがあります。ボツリヌス療法と同様に、初回の診察で適応の判断のもとにご相談の上で2回目以降に行います。


障害者スポーツ相談外来

障害があるけれどスポーツがしたい、障害があるけれど体力をつけたい、そんな方にどんなスポーツができるかをアドバイスをします。


在宅リハビリテーション外来

障害をもちながら在宅生活を送るにあたって困っていることに対して、リハビリテーション医学的な観点から解決の方法を考えます。医療福祉相談とタイアップして、よりよい生活を目指します。


外来受付

再診予約・変更電話(完全予約制)
TEL:03-3964-8710 受付時間(月~金)13:00~17:00
医療連携室(予約専用)
初診で紹介状をお持ちの方は、医療連携室にて予約をお取り致します。
TEL:03-3964-1498
電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30

帝京大学医学部附属病院 リハビリテーション科ページへ