感染制御部

感染制御部

理念

患者そして家族ならびに職員を感染による問題から守り、笑顔と幸せに貢献する。


活動内容

耐性菌の検出状況を確認、感染症流行時対応、職員への感染対策教育及び初期研修医向けの教育を行い、臨床現場で感染対策をスムーズに実施できるように取り組んでいます。


スタッフ

専従スタッフは医師2名、感染管理認定看護師2名、 事務1名で構成され、専任スタッフとして臨床検査技師1名、薬剤師2名、兼任スタッフとして看護師1名、臨床検査技師2名、事務1名が活動しています。

医師名近影職位専門分野詳細情報
松永 直久講師感染制御学
臨床感染症学
竹澤 智湖助教感染症
呼吸器

    具体的活動状況

    1. 院内感染症対策

    • 院内の耐性菌及び病原微生物の検出状況、サーベイランスとフォローを行い、具体的対策を行っています。
    • 手術部位感染(SSI)などのサーベイランスを行い、医療関連感染の予防に努めています。
    • 血液、髄液培養陽性症例に関して、病棟主治医と治療方針を協議しています。
    • 結核感染や同一病棟でのアウトブレイクが疑われる事例対応をしています。
    • 毎週月曜午後に感染制御部部会、感染制御ラウンド会議を開催し臨床現場の確認も行っています。
    • 感染制御担当者会議を月1回開催し、リンクドクターとの情報共有を行っています。
    • 病院長の任命した各部門の代表者から構成される感染制御委員会を月1回開催しています。

    2. 抗菌薬適正使用

    • 抗菌薬使用状況調査を行い、指定抗菌薬長期使用症例については必要に応じて病棟主治医と治療方針を協議しています。
    • 薬物治療モニタリング(TDM)について薬剤部と協同で対応しています。

    3. 職員向け感染症対策教育

    • すべての職員を対応としたPPE着脱など実習形式を含む感染対策指導を適宜行っています。
    • 全職員向けの感染対策講義を年2~4回行っています。
    • 初期研修医を対象に、感染症に関するレクチャーを行っています。
    • 月1回のレクチャーと毎月ICTニュースを発信し、トピックスを設けより感染症及び感染対策への理解を深める情報提供をしています。
    • 年2回の集中講習を行い、手指衛生や感染対策の啓発に努めています。
    • 年1回のストップ感染デーを開催しています。
    • 季節性流行疾患(例:インフルエンザ)の流行前に注意喚起を行っています。
    • 各種マニュアルを作成し、情報更新を適宜行っています。

    4. 職員感染対策

    • 針刺し事例対応を行っています。
    • ウイルス抗体価測定の推奨とワクチン接種の徹底を啓発しています。
    • 電子カルテ上で、新規感染症情報を迅速周知しています。

    5. 他病院への感染対策支援

    • 院内感染対策の具体的対策について御相談があった場合、対応を御相談された施設と協議しています。

    地域連携

    地域医療機関との合同会議に参加して、耐性菌検出状況や実際の感染対策の事例に関する情報交換を行っています。
    他の施設との相互訪問を通して、お互いの改善点を明らかにし、感染対策の質の向上に努めています。