救急科

救急科

年間8000台の救急車と26000人の救急患者を受け入れてきた帝京大学医学部附属病院では、2009年5月の新病院棟の開設を機に、これまでの救命救急センターに加え、大学初の全診療科支援型の総合診療ERセンターと外傷センターを新たに立ち上げました。
なお、総合診療ERセンターはスタッフクラスのER専従医、専従のナース、初期・後期研修医からなり、2次救急と時間外診療の初療を行います。また、外傷センターを立ち上げ外傷専門チームを組織することで、現在まで3次救急を積極的に受け入れてきた併設の救命救急センターとの連携で、どのような救急疾患に対しても、専従ナース・研修医、ER・救急専従医、各診療科の専門医という3重のチェック・診療体制を敷くことで、より高い質の救急医療を提供できる環境を整備しました。


総合診療ERセンター/外傷センターの開設について

救急科長:坂本哲也

質の高い救急医療を提供するためには、専門科に関わらず救急初期診療を行った上で、必要に応じて患者の処遇を決定するER型救急システムとあらゆる重症患者の根本治療に対応できる集中治療型救急システムを同時に実現することが理想の形です。
帝京大学医学部附属病院では長年にわたり重症外傷、ショックや敗血症などに実績をあげてきた救命救急センターを中心として全診療科の強力な支援のもとに「総合診療ERセンター」と「外傷センター」を立ち上げました。今、どのような症状や疾患の救急患者にも適切な初期診療ができる医師の育成が社会から強く求められています。私たちは全力を挙げて、ERならではの余裕ある交代制勤務体制のもと、救急の現場に強い研修医と救急科専門医、トリアージナースを育て、地域の救急医療の最後の砦として、あらゆる救急患者に対応していきます。


ヘリポート運用について

当院は平成26年6月1日付で東京消防庁と「回転翼航空機に搭乗して救急業務に協力する医師の派遣に関する協定書」を締結いたしました。

航空写真
搬送写真

災害用ヘリポート


スタッフを募集しています

帝京の新しく生まれ変わった「救急」の現場で、共に質の高い救急医療を極めていこうとするやる気のある医師(研修医)、看護師の方を求めています。
「さぁ!一緒に“救急”をやりましょう!!」
見学も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

帝京大学医学部 救急医学講座ページへ

後期臨床研修プログラム

看護師募集案内