診療科一覧

ペインクリニック科

診療内容・特色

痛みの疾患は様々であり、各科でも診断、治療が行われています。当科ではそれでもなかなかうまく緩和できない痛みをもつ患者さんを対象としています。 具体的には頭痛、三叉神経痛などの顔面痛、頚肩腕痛や腰下肢痛などの運動器疼痛、帯状疱疹による痛みや糖尿病性神経障害などの神経障害性疼痛、血行障害による痛み、遷延する術後の痛み、そしてがんやその治療に伴う痛みなどが対象となります。
治療は薬物療法(オピオイド、鎮痛補助薬、漢方薬など)、インターベンショナル痛み治療(神経ブロック療法、高周波熱凝固法・高周波パルス法、脊髄刺激電極植込み術など)、光線療法、鍼灸治療などを行っております。 また慢性疼痛の場合、日常生活における情動や行動も疼痛管理を行う上で重要となります。患者さんやご家族と日頃の対処方法についてじっくりお話しさせていただき、ご自宅でできる運動療法、心理療法についてもサポートしております。 さらに必要があれば他科との連携によって、診断、治療を進めることもあります。
今まで治らないといわれた痛みや、原因のよく分からない痛みなどを抱えて悩んでおられる患者さんがおられる場合には、是非ご相談ください。

外来診療担当表

麻酔科の紹介はこちら


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
關山 裕詩病院教授神経障害性の痛みとかゆみ
運動器疼痛
がん性疼痛
インターベーショナル痛み治療
(脊椎指摘電極植え込み術)
南部 隆講師ペインクリニック
神経障害性疼痛
佐々木 翼助教ペインクリニック
東洋医学(中医学)
緩和医療
麻酔
杉本 真理子助教ペインクリニック
麻酔
松井 研人助手ペインクリニック
麻酔

専門外来

インターベンショナル痛み治療外来

神経ブロックでは局所麻酔薬やステロイドを用います。それらの効果が長続きしない場合には、高周波熱凝固法・高周波パルス法も行っております。 また神経障害性疼痛や術後遷延性疼痛などで、各種治療に抵抗性である場合には、脊髄刺激電極植込み術も行っております。


痛みの漢方外来

漢方治療においては西洋医学的治療のように痛みに関与する神経の興奮を抑制するという手法ではなく、人間の身体全体のバランスを整えるという全く視点の異なる東洋医学的治療により、劇的に痛みから解放されることが多々あります。 痛みの漢方治療をしていると不眠、のぼせ、いらいら、冷え症、便秘、下痢、耳鳴り、湿疹等痛みと関連のないと思われる症状も同時に改善する事も少なくありません。 痛みで苦しむ方のみならず、漢方薬でいろいろな症状を緩和されたい方はご相談ください。


神経障害性のかゆみ外来

大部分のかゆみは皮膚科的治療が適応の末梢性のかゆみです。その他腎臓や肝臓などの疾患に伴うかゆみ、オピオイドの副作用としてのかゆみ、そして神経障害性のかゆみがあります。 神経障害性のかゆみは、帯状疱疹や糖尿病、様々な神経疾患に伴っておこります。このようなケースでは神経障害性疼痛治療に準じた治療が有効な場合が少なくありません。 お困りの方は一度ご相談ください。


外来受付

再診予約・変更電話
TEL:03-3964-1452 受付時間(月~金)13:00~17:00
医療連携室(予約専用)
初診で紹介状をお持ちの方は、医療連携室にて予約をお取り致します。
TEL:03-3964-1498
電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30