診療科一覧

ペインクリニック科

診療内容・特色

痛みの疾患は様々で、各科でも診断、治療が行われていますが、当科ではそれでもなかなかうまく緩和できない痛みの患者さんを対象としています。
具体的には頭痛、顔面痛(三叉神経痛など)、頚肩腕痛、腰下肢痛、帯状疱疹による痛み、血行障害による痛み、がんによる痛みなどが対象となります。治療は薬物療法(漢方薬を含む)、神経ブロック療法、光線照射、低周波刺激療法、電気刺激療法(末梢神経刺激、脊髄刺激など)、鍼灸治療などが大きな柱となり、場合によっては他科との連携によって、診断、治療を進めることもあります。
また慢性疼痛の場合、日常生活における行動も疼痛管理を行う上で重要となりますので、患者さんと日頃の対処方法をじっくりお話しさせていただきます。
今まで治らないといわれた痛みや、原因のよく分からない痛みなどを抱えて悩んでおられる患者さんがおられる場合は、是非ご相談ください。

外来診療担当表

麻酔科の紹介はこちら


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
關山 裕詩病院教授ペインクリニック、麻酔
神経障害性疼痛、かゆみ
インターベーショナル痛み治療
麻酔
南部 隆講師ペインクリニック
佐々木 翼助手ペインクリニック
東洋医学(中医学)
緩和医療
麻酔

専門外来

痛みの漢方外来

ペインクリニックでは主として神経ブロック療法
や西洋薬が用いられ、疾患によってはこれらの方法が極めて有効なこともあります。しかし、痛みの原因は複雑でありその感じ方は主観的なものなので、これらの方法を駆使してもなかなか痛みの改善はみられず、治療に難渋することがあります。
一方、漢方治療においては西洋医学的治療のように痛みに関与する神経の興奮を抑制するという手法ではなく、人間の身体全体のバランスを整えるという全く視点の異なる東洋医学的治療により、劇的に痛みから解放されることが多々あります。神経ブロックのように痛みを伴う治療ではなく、古来から伝わってきた生薬をもとに作られた漢方処方により痛みが軽減ないしは消失することがあるのです。本漢方外来では、まず、健康調査表に記載頂き現在患者さんの状態がどのような状況にあるのかを把握します。それに基づいて、脈、舌およびお腹の状態を診させて頂き総合的に最も効果的な漢方薬を処方します。このような東洋医学的診断(証と言います)がなされれば、自ずと患者さんの証にあった漢方薬が決まってきます。これを随証治療と言います。また、不思議なことに、痛みの漢方治療をしていると不眠、のぼせ、いらいら、冷え症、便秘、下痢、耳鳴り、湿疹等痛みと関連のないと思われる症状も同時に改善する事が多々あります。
今迄の多数の治癒経験から、今回“痛みの漢方外来”を開設することにしました。痛みで苦しむ方のみならず、漢方薬でいろいろな症状を緩和されたい方は一度受診されては如何でしょうか。

外来診療担当表


外来受付

再診予約・変更電話
TEL:03-3964-1452 受付時間(月~金)13:00~17:00
医療連携室(予約専用)
初診で紹介状をお持ちの方は、医療連携室にて予約をお取り致します。
TEL:03-3964-1498
電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30