皮膚科

皮膚科

診療内容・特色

アトピー性皮膚炎をはじめとする湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍、乾癬、水疱症など、皮膚疾患全般に幅広く対応しています。
太田母斑(青アザ)などの色素性病変に対するレーザー治療では国内ではパイオニア的な存在です。
この他乾癬、皮膚腫瘍(良性・悪性)の専門外来も開設しています。

外来診療担当表


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
多田 弥生科長
主任教授
皮膚科一般
乾癬
アトピー性皮膚炎
大西 誉光准教授皮膚科一般、皮膚腫瘍
石川 武子助手皮膚科一般
福安 厚子助手皮膚悪性腫瘍
田中 隆光助手皮膚腫瘍
静脈瘤
冨田 学臨床助手皮膚科一般
林 耕太郎臨床助手皮膚科一般
乾癬
立石 美穂子員外助手皮膚科一般
井関 紗月員外助手皮膚科一般
    深谷 早希員外助手皮膚科一般
      堀部 彰子員外助手皮膚科一般
        原藤 緑シニアレジデント皮膚科一般
        冲永 昌悟シニアレジデント皮膚科一般
        川崎 ゆりかシニアレジデント皮膚科一般
        長屋 祐圭シニアレジデント皮膚科一般
        豊田 香里シニアレジデント皮膚科一般
        並木 かほるシニアレジデント皮膚科一般
        千々和 智佳シニアレジデント皮膚科一般
          沢辺 優木子シニアレジデント皮膚科一般
          田中 周子シニアレジデント皮膚科一般
          菊地 由利子シニアレジデント皮膚科一般
            田村 史織シニアレジデント皮膚科一般
              江川 昌太シニアレジデント皮膚科一般
                宮崎 美令シニアレジデント皮膚科一般
                  山口 慶シニアレジデント皮膚科一般
                    高浜 由美子シニアレジデント皮膚科一般
                      上松 藍シニアレジデント皮膚科一般
                        内田 秀昭シニアレジデント皮膚科一般
                          根本 いずみ非常勤医師皮膚科一般
                            吉澤 学非常勤医師皮膚科一般
                            川添 貴弘非常勤医師皮膚科一般
                              武岡 伸太郎非常勤医師皮膚科一般

                              専門外来

                              当科では下記の様に各曜日午後の時間帯を専門外来とし開設しています。原則として午前中の一般外来を受診していただき各治療の日を予約する流れとなります。

                              皮膚外科外来(水・木・金のPM)

                              皮膚外科外来では手術が基本となります。
                              悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌、Paget病、頭部血管肉腫などの悪性腫瘍に対する切除、再建を皮膚外科手技の習熟した専門医師が治療にあたっています。また、皮膚癌はリンパ節転移が生命予後に大きく関わるため、リンパ節転移の有無を調べる検査、センチネルリンパ節生検を行っています。この検査を導入することで、負担の大きな手術を避け、退院後の生活の質を向上することができる可能性があります。
                              他にホクロや粉瘤、陥入爪など良性疾患に対しても病理組織検査と同時に、患者さんの状態、希望に合わせて外用療法、凍結療法、手術療法を適宜しています。
                              手術は術後の見た目も非常に大切であり、当科では出来るだけ整容的に満足がいくように配慮し、治療に当たっています。
                              初診時は原則として午前中の一般外来を受診していただき、専門外来の予約を取らせていただきます。

                              【お知らせ】
                              当科では下肢静脈瘤に対しても相談、治療を行っています。患者さんの状態、希望に合わせて外来で可能なものから、入院が必要なものまで適宜対応いたします。実際の治療として、外来では弾性ストッキングや血管を注射で固める硬化療法を、入院では伏在静脈の抜去、高位結紮などを行っています。お気軽にご相談ください。

                              外来診療担当表


                              レーザー外来(月・木 PM)

                              対象疾患は、太田母斑、伊藤母斑、異所性蒙古斑(青アザ)、老人性色素斑(シミ)、単純性黒子・母斑細胞性母斑(ホクロ・アザ)、口唇メラノーシス、雀卵斑(そばかす)などの色素性病変、外傷性刺青などです。

                              • *太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性刺青、扁平母斑が保険診療で対応できます。前記以外は自費診療となり、4mm四方の照射1発につき千円で設定しています。(その他に診察料などがかかります。)
                              • *アザの種類によっては当院で治療のできないものもありますので、あらかじめ一般外来を受診していただき適応の有無を評価します。
                                また小さな病変で麻酔薬外用もなく対応可能であれば受診当日に治療が施行できる場合もありますので患者さんより担当医にご相談ください。

                              外来診療担当表


                              乾癬外来(金PM・土AM)

                              帝京メディカル「乾癬~皮膚疾患とバイオテクノロジー~」のページへ

                              乾癬の重症度(皮疹、関節炎)と生活スタイルを鑑み、さらに患者さんのご希望を重視した治療(外用治療、内服治療、生物学的製剤、顆粒球吸着療法)を、豊富な臨床経験をもとに、提供しております。 初診時はまず、午前中の皮膚科初診外来を受診していただき、その際に乾癬の専門外来受診の希望をお伝えいただければと思います。 生物学的製剤(レミケード、ヒュミラ、ステラーラ、コセンティクス、トルツ、ルミセフ)の土曜日の投与にも対応させていただいております。
                              お気軽にご相談ください。

                              【お知らせ】キャビン型紫外線治療器UV7002の導入について
                              光線療法は特定の皮膚疾患(乾癬、白斑、アトピー性皮膚炎、皮膚リンパ腫 など)に高い治療効果を示すことが知られています。全身に治療効果の高い光線を効率よく照射できるキャビン型紫外線治療器UV7002が2014年2月より、局所的に残る難治性の皮疹に対し、患部だけを効果的に照射する部分照射では、エキシマライトを用いた更に有効性の高いセラビームUV308を2015年12月より、皮膚科外来に導入しました。月〜土の午前、月金の午後に予約の上、照射可能です。

                              キャビン型紫外線治療器UV7002
                              キャビン型紫外線治療器UV7002
                              セラビームUV308
                              セラビームUV308

                              外来診療担当表


                              外来受付

                              再診予約・変更電話
                              TEL:03-3964-8275 受付時間(月~金)13:00~17:00
                              医療連携室(予約専用)
                              初診で紹介状をお持ちの方は、医療連携室にて予約をお取り致します。
                              TEL:03-3964-1498
                              電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30

                              帝京大学医学部附属病院 皮膚科ページへ