内科

腎臓

診療内容・特色

慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)は世界レベルにおいて注目されている病態であり、その原因としての糖尿病・高血圧・動脈硬化症など生活習慣病との関連で当科(腎臓内科)は全身を診てゆく必要があります。また、将来の腎代替療法導入を遅らせるためにも当科の果たす役割は重要であります。当科では、

  1. ① 蛋白尿・血尿・尿量増加や減少・浮腫(むくみ)・高血圧・電解質異常など「腎・尿・ミネラル」に関することを全て診ます。
  2. ② 保存期CKDの管理(将来の腎代替療法導入を遅らせるための治療法の選択など)を集学的に行います。
  3. ③ 尿異常や腎機能障害が急に出現して悪化する場合の診断と治療について幅広く行います。
  4. ④ 患者のQOL(Quality Of Daily-Life)にふさわしい腎代替療法(血液透析もしくは腹膜透析)の選択および腎代替療法導入時の管理を行います。

以上のような医学的治療を栄養士・薬剤師・コメディカルさらにはかかりつけ医の方々と連携をチーム医療を実践しています。最近では多発性のう胞腎と腎移植に関するご相談もお受けしています。

外来診療担当表


多発性嚢胞腎外来について

多発性嚢胞腎は遺伝性の腎臓病で、両側腎臓に多数の囊胞が進行性に発生・増大し、徐々に腎機能も低下し透析導入に至ることもあります。 出生1~4万人に1例ほどとされていますが、多くの方は30~40歳台まで無症状で経過します。血圧が上昇し、肝臓や膵臓にも囊胞ができ、脳動脈瘤を合併することもあります。 透析になる方は毎年900名を超えていますので、早期診断と対策がとても重要です。
最近、多発性嚢胞腎の嚢胞進展を抑制する薬が上市されました。このたび当院腎臓内科におきまして多発性嚢胞腎を診療することになりました。 実際の診療はもちろんですが、相談ごとでも結構ですのでご利用ください。
診療日:月曜日~土曜日
診療時間:9:00~11:30
外来受付:2階内科外来


ムービー


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
内田 俊也教授電解質異常
腎臓病
高血圧
透析療法
血液浄化療法
藤垣 嘉秀病院教授腎炎・ネフローゼ
慢性腎臓病
慢性腎不全
急性腎不全
柴田 茂准教授電解質異常
腎臓病
高血圧
透析療法
血液浄化療法
田村 好古講師腎臓病
透析
高血圧
熊谷 天哲地域医療支援講座
特任講師
新井 繁幸助教腎臓病
透析
高血圧
白石 武司地域医療支援講座
助教
奈倉 倫人臨床助手腎臓病
透析
高血圧
飯野 理沙臨床助手腎臓病
透析
高血圧
浅川 信一郎臨床助手腎臓病
透析
高血圧
藤井 航シニアレジデント腎臓病
透析
高血圧
北川 幸子シニアレジデント腎臓病
透析
高血圧
岡田 学シニアレジデント腎臓病
透析
高血圧
宮野 姿子シニアレジデント腎臓病
透析
高血圧
根本 佳和医師腎臓病
透析
高血圧
森本 幾之医師腎臓病
透析
高血圧
菊山 崇浩医師腎臓病
透析
高血圧
山中 仁樹医師
    飯島 隆太郎医師
      和氣 快斗医師
        冨丘 聡非常勤講師腎臓病一般
        血液浄化療法
        古西 純子非常勤医師

        外来受付

        再診予約・変更電話
        TEL:03-3964-8615 受付時間(月~金)13:00~17:00
        医療連携室(予約専用)
        初診で紹介状をお持ちの方は、医療連携室にて予約をお取り致します。
        TEL:03-3964-1498
        電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30

        外部サイト

        腎臓グループ/研究室ページへ