内科

リウマチ・膠原病

診療内容・特色

関節リウマチ・全身性エリテマトーデスをはじめとする膠原病とその類縁疾患の診断と治療をおこなっています。特にベーチェット病については治療経験が豊富です。
具体的に、次のような症状、お悩みにお答えしています。
関節が痛い、筋肉が痛い、熱が下がらない、動くと息苦しい、眼や口が渇く、紅斑が出て痛い、手足がしびれる。
特にこれらの症状がひとつだけではなく、いくつも次々に起きるときにはリウマチ、膠原病を鑑別に挙げる必要があります。
24時間救急医療に対応し、夜間・休日は当直医が緊急性のある患者さんに対応します。他医療機関で診療を行っているかたのセカンドオピニオンにも対応しています。

リウマチ・膠原病

外来診療担当表

セカンドオピニオン外来についてはこちら


ムービー


外来診療内容

診療・治療を行う疾患・症状名

  • 関節リウマチ(悪性関節リウマチ)
  • ベーチェット病
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 全身性硬化症 / 強皮症
  • 混合性結合織病
  • 多発筋炎 / 皮膚筋炎
  • 血管炎症候群 (顕微鏡的多発血管炎、アレルギー性肉芽腫性血管炎(チャーグストラウス症候群)、大動脈炎症候群(高安動脈炎)、側頭動脈炎、シェーンラインヘノホ紫斑病など)
  • 成人スティル病
  • 再発性多発軟骨炎
  • リウマチ性多発筋痛症
  • 血清反応陰性脊椎関節症 (強直性脊椎炎など)
  • RS3PE(remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema)
  • シェーグレン症候群
  • サルコイドーシス
  • アレルギー関連疾患(気管支喘息、薬剤アレルギー)
  • 不明熱

現在ほかの医療機関にかかられているかたでセカンドオピニオンをお求めの方もお気軽にご相談ください。


入院診療

入院病棟では大きなベッド数を担当する総合内科の一員として活動しています。当病院の特筆すべき点の一つですが、総合内科病棟にはリウマチ膠原病専門医の他に感染症、糖代謝内分泌、循環器、呼吸器、消化器の指導医が属しております。そのため多臓器の病変をきたしうるリウマチ膠原病の各種病態に対して、各臓器専門医との強力なパートナーシップのもとに診療にあたっております。
このような体制は不明熱などの患者さんの診断決定にも強力な助けとなっております。また、整形外科のリウマチグループとの連携は非常に密であり、手術などの外科的治療についてもシームレスに対応できる体制となっています。 入院病棟は15西病棟、8東病棟を中心としています。


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
河野 肇准教授リウマチ
膠原病
アレルギー
不明熱
菊地 弘敏病院准教授リウマチ
膠原病
ベーチェット病
浅子 来美助教リウマチ
膠原病
松田 重三帝京短期大学
教授
血液免疫学
アレルギー
膠原病
漢方医学
津久井 大輔医師リウマチ
膠原病
小口 洋子医師リウマチ
膠原病
木村 佳貴医師リウマチ
膠原病
高山 真希医師リウマチ
膠原病

    外来受付

    受診をお考えの患者さんへ

    お近くの医療機関を受診され、紹介状をお持ちいただくことをおすすめします。紹介状をお持ちの場合は、電話による初診の診察予約ができます。内科のリウマチ膠原病初診枠を指定してください。なお、当日の予約はできませんので、まず上記にお電話いただいて、ご相談ください。

    詳しくは外来受診の手続きへ

    医療連携室(予約専用)

    初診で紹介状をお持ちの方は、医療連携室にて予約をお取り致します。
    TEL:03-3964-1498
    電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30

    また、当院は特定機能病院に指定されています。地域に高度で良質な医療を提供するため、初診時に他の医療機関からの紹介状をご用意していただかないと選定療養費として一定額(¥3,150)をお支払いいただきます。

    紹介元、医療機関様へ

    同一日に初診の患者さんが重なり過ぎないために、予め、紹介元となる医療機関から、上記の医療連携室にお電話いただき、内容伝達と日時の予約を入れて頂くようお願い致します。初診の場合には内科のリウマチ膠原病初診枠を指定してください。

    再診予約・変更電話

    • TEL:03-3964-8615
    • 受付時間(月~金)13:00~17:00

    外部サイト

    リウマチアレルギー研究室ページへ