診療科一覧

放射線科

診療内容・特色

当科の診療は画像診断を行う診断部門、放射性医薬品を用いて検査を行う核医学部門、放射線を照射して悪性腫瘍を治療する放射線治療部門の3つに分かれて行っています。
診断部門ではCT、MRI、血管造影、単純撮影(レントゲン写真)などの画像診断を担当し、診断報告書を作成しています。診断報告書は全科の担当医へ送られ、各科の診療に役立てられています。また診断部門では、インターベンショナルラジオロジー(IVR)も行っています。IVRとは、画像検査の技術を応用して治療的な手技を行うことで、患者さんにとって少ない負担で外科手術に匹敵する効果が得られます。
核医学部門では、放射性医薬品の体内分布を画像化することにより、病気の有無や進行程度、種々の臓器の機能評価を行います。核医学検査は非侵略的に各臓器の生化学的、または生理学的な情報を得ることができる優れた検査法です。
治療部門では、患者さんの病変(腫瘍)の種類やその広がりに応じた最適な治療計画を立て、放射線を照射する治療を行います。放射線治療には外科手術と比べて、臓器の機能や形態が温存できるという利点があります。
当科は、日本医学放射線学会認定の研修施設であり、助手以上のスタッフ全員が放射線科専門医の資格を持っています。また、多数の科とのカンファレンスを積極的に行い、帝京がんセンターのカンファレンスの多くに参加、他科の診療との緊密な連携に努めています。

外来診療担当表


ムービー


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
古井 滋科長
主任教授
放射線診断・IVR
大場 洋教授神経放射線診断
小児神経放射線診断
神長 達郎病院教授放射線診断
核医学
PET-核医学
心臓放射線診断
近藤 浩史病院教授放射線診断・IVR
豊田 圭子准教授神経放射線診断
頭頸部放射線診断
乳腺
白石 憲史郎准教授
放射線腫瘍学(特に乳腺、前立腺)
臨床腫瘍学
集学的がん治療
神田 知紀講師放射線診断
山本 真由講師IVR、放射線診断
治山 高広助教放射線診断 
    山本 麻子助教放射線診断
      石川 祐一助手放射線診断・IVR
        北口 真由香助手放射線治療
          棚橋 裕吉助手放射線診断・IVR
            山本 敬洋臨床助手IVR
            救急医学
            外傷学
            集中治療医学
            内科学
            菅原 利昌臨床助手救急医学
            内科学
            横山 太郎臨床助手救急医学・IVR
            中井 雄大シニアレジデント放射線診断・IVR
              松田 めぐみシニアレジデント放射線診断
                笹野 仲史非常勤医師放射線治療
                加藤 大基非常勤医師放射線治療

                専門外来

                診断・IVR

                CTとMRI各4台が導入されており、合わせて年間約5万件の検査を行っています。CT4台は高速スキャン対応のマルチスライスCT装置です。そのうち3台は64列の最新鋭装置であり、その機能を生かして各種血管などの3次元画像作成を行っています。MRI 4台は高磁場装置、そのうち2台は3Tの最新鋭装置であり、拡散強調画像や脳機能画像、スペクトロスコピーなどの最先端の検査も可能です。
                CT、MRI検査は全て放射線科医が担当して行っており、質の高い画像が得られています。また、心臓と脳以外の領域の全ての血管造影と、超音波検査や消化管造影の一部も放射線科医が行っています。
                診断部門ではこれらの検査の画像を読影し、診断報告書を作成していますが、この業務は日本医学放射線学会放射線診断専門医が行っています。 また、2006年からはPACSが導入され、様々な画像検査データのデジタル保管と、専用の読影端末を用いた読影が可能になっています。当科の診断部門には各領域の専門家が揃っており、レベルの高い診断を行っています。
                また、心臓と脳を除いた領域のIVRを経験豊富な放射線科医(日本IVR学会専門医2名を含む)が行っています。主なIVRは動脈塞栓術、血管形成術(ステント留置を含む)、TIPS、B-RTO、下大静脈フィルター留置、リザーバー留置などで、IVRの対象となる患者さんを多数の医療機関から積極的に受け入れて診療しています。また、原則的に24時間体制で緊急のIVR(外傷性の肝破裂や脾破裂、骨盤骨折に対する動脈塞栓術など)に対応しています。

                外来診療担当表


                核医学

                ガンマカメラ(SPECT装置)2台を用いて、脳神経、心臓、腫瘍、骨、肺、腎、甲状腺、副甲状腺、唾液腺、血管系、消化管など各領域の核医学検査を行っています。
                2009年5月からはPET-CT装置1台が導入され、様々な癌の存在や広がりの診断に用いられています。
                核医学検査の読影は核医学専門医・PET核医学認定医が行っています。
                また、当科では地域の要望に応じて他院からの核医学検査の依頼を積極的に受け入れています。

                外来診療担当表


                治療

                外照射装置(リニアック)2台と高線量率密封小線源治療装置(腔内照射)が設置されており、日本医学放射線学会放射線治療専門医・日本放射線腫瘍学会認定医が診療にあたっています。
                年間約450例の悪性腫瘍に対して、腫瘍の種類や広がりに応じた綿密な治療計画を立て、外照射装置や密封小線源治療装置を用いた放射線治療(照射部位は約500、照射件数は約12,000)を行っています。2007年に肺腫瘍、脳腫瘍に対する定位放射線治療を開始、2010年に前立腺癌や脳腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT)を開始しており、より精度の高い放射線治療を目指して努力を続けています。


                外来受付

                再診予約・変更電話
                TEL:03-3964-8515 受付時間(月~金)13:00~17:00
                医療連携室(予約専用)
                初診で紹介状をお持ちの方は、医療連携室にて予約をお取り致します。
                TEL:03-3964-1498
                電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30

                帝京大学医学部附属病院 放射線科ページへ