救急科

高度救命救急センター

診療内容・特色

当センターは、1978年に救急医療センターとして発足し、1981年に救命救急センターに認定された第三次救急医療施設です。また、2017年1月1日付で東京都内4施設目の高度救命救急センターとして指定を受けました。
外傷外科、脳蘇生、重症救急疾患、広範囲熱傷、急性中毒などの専門家を擁して主として東京消防庁からの三次救急施設に搬送を選定された患者さんを受け入れていますが、他にも近隣医療機関からの紹介患者さん、院内各科あるいは救急外来よりの重症患者さんの診療にもあたっています。
当センターは専門スタッフとあらゆる重症患者さんに対応できる設備を24時間体制で稼働させています。
対象となる状態は●多発外傷で出血が多くショック状態である●脳梗塞、脳出血が原因で意識がない●重い内臓疾患のため、ショック状態や意識状態の悪化、あるいは呼吸が著しく不良な状態●広範囲熱傷で大量の輸液が必要●医薬品の大量服用や有毒物質にさらされたため重い中毒症状が出現し呼吸循環の維持が必要など、このような場合に救急隊は三次救急医療施設を選定し、救急患者さんを当院のようなスタッフと設備を有する近隣の救命救急センターに搬送します。

帝京大学医学部 救急医学講座ページへ


特色・活動

当センターは、三次救急患者さんを年間約2000人受け入れています。
スタッフは救急医を中心として外傷外科医、集中治療医、内科医、脳神経外科医、整形外科医、形成外科医より成り、さらにメンタルヘルス科、放射線科、リハビリ科からもスタッフが当センター入院患者さんの診療に参加しています。
スタッフの有する専門医としては日本救急医学会指導医及び救急科専門医、日本集中治療医学会専門医、日本脳神経外科学会専門医、日本外科学会専門医、日本麻酔科学会指導医、日本内科学会専門医、日本整形外科学会専門医、日本形成外科学会専門医、日本熱傷学会専門医などがあげられます。
また、当大学病院では、初期臨床研修医が当センターにてローテート研修を行っています。
また、2012年は合計15名の救急科後期研修医が、総合診療ERセンター、外傷センター、高度救命救急センターで修練を行っています。
卒後臨床教育として、ACLS(心肺蘇生法)、JATEC(外傷初期診療ガイドライン)等の教育プログラムを導入し、院内の研修医教育をさらに充実させるべく力を入れています。
また、救急救命士の実習などを通して救急システムにおけるメディカルコントロール体制への協力施設としての役目を担い、さらにDMAT、MIMMSなど災害医療についても積極的な活動を行っています。
災害医療活動としては、2004年10月新潟県中越地震、2007年7月新潟県中越沖地震、2011年3月東日本大震災に際して災害医療チームを派遣し、医療支援活動に協力しています。


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
坂本 哲也科長
主任教授
救急医学
集中治療医学
脳神経外科学
災害医学
中毒学
外傷学
三宅 康史センター長
教授
救急医学
集中治療医学
脳神経外科
外傷学
災害医学
医学教育
池田 弘人准教授救急医学
外傷学
熱傷医学
外科感染症学
安心院 康彦准教授救急医学
外傷医学
災害医学
蘇生医学
脳神経外科学
医学教育学
藤田 尚准教授救急医学
外傷学
外科学
消化器病学
石川 秀樹講師救急医学
外傷学
熱傷医学
災害医学
外科学
消化器内科学
消化器内視鏡学
内田 靖之講師救急医学
外科学
外傷学
災害医学
高橋 宏樹助手救急医学
外傷学
熱傷医学
航空医療学
    佐々木 勝教助手救急医学
    集中治療医学
    麻酔学
      小山 知秀助手救急医学
      外傷学
      集中治療医学
      中毒学
      外科学
        中澤 佳穂子助手救急医学
        外傷学
        外科学
          森村 尚登客員教授救急医学
          集中治療医学
          災害医学
          外傷学
          メディカルコントロール