医療連携・相談部

医療費負担に関するサービス

健康保険の負担割合

年齢 70歳未満 70~74歳 75歳以上
負担割合 3割 2割(現役並み所得者は3割) 1割(現役並み所得者は3割)

高額療養費制度

医療機関に支払った医療費のうち、保険適用分の自己負担額が同一月に下記の一定額を超えた額が、申請により還付されます。
ただし、事前に限度額適用認定証を申請することにより、窓口負担を下記上限額にすることが可能です。

<70歳以上>

所得区分 負担割合 入院限度額 外来上限額※
現役並みⅢ
(標準報酬月額83万円以上)
3割 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
現役並みⅡ
(標準報酬月額53万円~79万円)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
現役並みⅠ
(標準月額報酬28万円~50万円)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
一般
(標準月額報酬26万円以下)
70~74歳 2割
75歳以上 1割
57,600円 18,000円
低所得者Ⅱ 24,600円 8,000円
低所得者Ⅰ 15,000円

※外来上限額につきましては、制限事項等がございますので、医療福祉相談室までご相談ください。

<70歳未満>

高額療養費
所得区分
限度額適用
認定証区分
自己負担限度額(月単位)
標準報酬月額
83万円以上
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
標準報酬月額
53万~79万円
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
標準報酬月額
28万~50万円
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
標準報酬月額
26万円以下
57,600円
低所得者
(住民税非課税)
35,400円

難病医療費等助成制度

国が指定している疾病と各都道府県が単独で指定している疾病とがあります。
対象疾病にかかっていても、認定基準を満たす必要がありますので、主治医にご相談ください。
申請はお住まいの自治体の保健所となります。


心身障害者医療費助成制度

各自治体で対象者や助成金額が異なりますので、各自治体にお問い合わせください。
東京都においては、身体障害者1~2級の方(内部障害については3級まで)・愛の手帳1~2度の方が対象となります(除外事項がありますので、詳しくはお問い合わせが必要です)。
申請はお住まいの市区町村役場となります。


その他

上記の他にも、様々な医療費助成制度がございますので、医療相談室までご相談ください。


医療福祉相談室